長崎県で働く若者のためのお仕事に関するイベント・情報発信サイト

長崎の企業で活躍している、若い働きビトのリアルな声第一線で活躍する「働きビト」のみなさまのリアルな声を集めました。

2016年9月08日
合名会社松本正勝商店 ガッツまつもとくん 勤務2年目 中山 麗央奈さん(20歳)

現在の仕事の内容は?

レジを中心に食料品の発注と品出しをしています。食料品といっても、乾物、乳製品、パンなど種類によって発注の方法も頻度も違います。売れ行きや過去の発注表を参考に仕入れますが、陳列棚が空になることもあり、勉強の日々です。新商品の発注も任されているので、お客さまの声を聞いたり、系列店と情報を共有したりしながら取り組んでいます。

私にとって仕事とは?

「元気の源」です。仕事は覚えることも多く大変ですが、買い物に来てくれるお客さまとの会話を通して、私も頑張ろうという気持ちをいただきます。「この店は(わが家の)冷蔵庫」と言うほど頻繁に来てくれる方や、「お疲れ様」と声を掛けてくれる方もいます。毎日店内にいても、お客さまとの会話や天気など、まったく同じ日はなく、日々新しい発見があります。人見知りの私も、ここで働くようになって、初めてのお客さまとも話せるようになりました。

やりがいは?

顔なじみのお客さまから声を掛けてもらったときはもちろん、機械に読み込ませる商品のバーコードの位置を体が自然に覚えて、レジ打ちをスムーズにできるようになったときなど、日々の業務の中で自分が成長したと感じられるときにやりがいを感じます。分からないことは上司が丁寧に教えてくれるし、何よりコミュニケーションの多い職場で働けることは楽しいです。

就活中の皆さんにメッセージをどうぞ!

私は就職活動を通して根気強さを身に付けることができました。うまくいかないこともありましたが、それは社会に出るための準備期間だったと感じます。準備期間が長いほど、内定が決まったときの喜びも大きいはずです。どんなときも全力投球で、あきらめずに頑張ってください。