長崎県で働く若者のためのお仕事に関するイベント・情報発信サイト

ナガサキ企業ナビ - AIGグループ長崎ビジネスセンター

2016年9月08日
AIGグループ長崎ビジネスセンター
設立・開業2014年4月
従業員数188人
代表者坂本 真樹
住所長崎市常磐町1-1

事業内容は?

米保険大手アメリカン・インターナショナル・グループ(AIG)はグローバルに展開する保険・金融グループです。AIG長崎ビジネスセンターにはAIGジャパンの全てのグループ会社(AIU損害保険、富士火災海上保険、アメリカンホーム医療・損害保険、AIG富士生命)が進出しています。AIGには他にも沖縄、富山、愛媛に大規模な地方拠点がありますが、全てのグループ会社が進出しているのは長崎だけです。AIU・富士火災・アメリカンホームでは、主に保険の管理契約事務(クラーク)や簡易な保険金支払いに関する業務(アジャスター)を行っています。クラーク業務は保険加入時の申込書のチェック作業を行い、不備があった場合正しい契約内容に修正するための処理を行います。一方、アジャスター業務は保険の支払い業務を担当。お客さまが入院したり、自動車事故に遭った時にその状況を確認し、契約内容に照らし合わせながら保険金を試算して伝えます。また、AIG富士生命ではコンタクトセンターとして、お客さまからの問い合わせを電話で受け付けます。どの仕事も保険の専門知識が必要になりますが、研修システムが整っていますので未経験者でも安心です。

どんな人材が必要とされますか?

クラーク業務は、その事務品質が保険証券の発行に反映されるため、正確さとスピードが求められます。アジャスター業務とコンタクトセンター業務は書類チェックやパソコン入力などの事務処理に加え、電話でのお客さまとのやりとりも発生するのでコミュニケーション能力を重視。仕事はチームで動きます。チーム間で連携を図りながらお互いをカバーし、各自が持つ知識を共有して全体のレベルを上げるためです。協調性も必要です。「待つ人」ではなく、仕事をする中でさまざまな気付きを積極的に自分の考えとして発信し、行動できる人材を求めています。

会社のPRポイント

右から
富士火災海上保険エクスプレスセンター部長
山本 義文さん、
アドミオフィス(人事・総務)マネージャー
新尾 智子さん、
AIU損害保険長崎ビジネスサポートセンター所長
嶋村 瑞子さん、
AIU損害保険傷害エクスプレスセンター長
藤井 清馬さん

多様さや個性を尊重する文化が根付いており、風通しの良い社風です。また自ら高めようと努力する人には支援を惜しみません。例えば専門機関と連携し、語学やパソコン、資格取得など約130種類の通信教育講座を会社で用意。きちんと修了すれば会社が受講料の75%を、優秀な成績であれば全角負担する制度もあります。またチームリーダーやトレーナー、マネージャー職を登用する際も任命制ではなく公募制を取ります。全ての人に等しくチャンスがあり、意欲がある人にやってほしいという想いがあるからです。