長崎県で働く若者のためのお仕事に関するイベント・情報発信サイト

事業について

若年者地域連携事業とは、地方自治体と地域の企業、学校等との幅広い連携・協力の下、若年失業者やフリーター等の若者を広く対象に、若年労働者の早期離職を防止するとともに、安定した雇用に結びつけることを目的とし、以下に掲げる事業を実施します。

①若年者の採用拡大のための広報及び啓発等


長崎県内企業の経営者及び人事担当者を対象とした採用力セミナーを年間3回実施しています。
外部講師をお招きし、採用マーケット、面接採用スキルの磨き方、内定者との交流会、人事交流会など長崎県の採用マーケットに応じたセミナーを開催しています。

②若年者に対する企業説明会の実施


県内の企業に関する学生の理解を深めるため、職業選択のミスマッチを防ぐ目的として高校1・2年生、大学1~3年生を対象に企業研究ブースツアー(長崎会場・佐世保会場)を実施しています。
採用面接とは違い、業界研究の目的として学生が人事担当者や若手社員と仕事内容ややりがい、
会社の雰囲気などざっくばらんな交流会を実施しています。

③若年者による集団的就職活動の支援

就職活動方式等を習得するため、センターの利用者の参加を募り、講習会や企業との交流会、相互の意見交換や情報の交換、ロールプレイングなどのグループワーク等により、主体的な就職活動を支援します。

④ネットカウンセリングの実施

センターが開設するホームページ等を活用し、センターへの日常的な来所が困難な若年者に対するカウンセリングや就職関連情報の配信等を実施します。

⑤フリーターに対する就職支援

不安定な就労を繰り返すフリーター等を対象とし、正規雇用化に向けた就職支援を促進するため、セミナーやカウンセリング、職場見学会等の就職支援を実施します。

⑥年長フリーター等に対する就職支援


概ね45歳未満の一般求職者を対象に、フレッシュワークにて毎月セミナーを実施しています。
ビジネスマナー、コミュニケーション、ホンキの就職、教育コーチングなど、充実したプログラム内容で実施しています。

⑦内定者に対する講習会の実施


年間10回に渡り、高学校の希望調査をしたうえで高校や大学にキャリアカウンセラーが出張し、
内定者に対し入社に向けた心構えや職場定着のためのコミュニケーションのポイント、
ビジネスマナー、名刺交換、電話応対のロールプレイ等を織り交ぜた講習会を実施しています。

⑧若年労働者の職場定着促進に関する支援


教育コーチングを用いて、入社半年~5年未満の若手社員を対象とした「職業人間力育成講座」、
入社5年目~10年目までの中堅社員を対象とした「次世代リーダー育成講座」を実施しています。
平成27年度は、中堅社員向けのリーダーシップ養成講座「Human Resource発展セミナー」を3回シリーズで実施し、受講者に高い評価をいただきました。

⑨ジョブカフェ相互の連携強化に対する支援

若者の就職支援の資質の向上を図るため、同一の経済圏内において、産業構造が異なる各地域が、それぞれの特性を活かしつつ、ブロック単位でのカウンセラーや担当者による交流会を開催し、若者の実態、課題についての意見交換を実施します。

⑩その他の関連事業

①~⑨までの掲げるものほか、若年者の安定した就職の実現に資する事業を実施します。
また、事業を周知するためパンフレット、リーフレット等の作成及び配布、ホームページ活用活用等により効果的に広報を実施します。