長崎県で働く若者のためのお仕事に関するイベント・情報発信サイト

事業について

若年者地域連携事業とは、地方自治体と地域の企業、学校等との幅広い連携・協力の下、若年失業者やフリーター等の若者を広く対象に、若年労働者の早期離職を防止するとともに、安定した雇用に結びつけることを目的とし、以下に掲げる事業を実施します。

次世代を担う若年者の不足が見込まれる企業における人材確保支援


県内企業で働く若手社員インタビュー記事『長崎の働きビト』、県内の魅力ある企業を紹介する記事『ナガサキ企業ナビ』を年間3回掲載しています。
フェイスブック等のSNSを活用しながら若者に対して県内企業の魅力を伝えています。

地域の特性を踏まえた若年者に対する雇用支援サービス

①離島半島を中心とした企業説明会・面談会の実施


地元就職促進の為に主に離島半島地域において、自治体、教育機関、ハローワーク等と連携しながらUIターン求職者及び高校3年生を対象に企業説明会を年間3回実施しています。

②若年者を対象とした地域の実情に応じたカウンセリング及びセミナーの実施


フレッシュワーク内において一般求職者、在職者を対象とした個別カウンセリングや就職活動に役立つ就活セミナーを実施しています。また遠方や在職中などで来所が困難な方に向けてネットカウンセリングも行っています。

地域の人材流出防止・地元定着に係る支援

①高校3年生内定者向けセミナー


高校3年生の内定者を対象に出張セミナーを年間10回実施しています。社会人と学生の違い、社会人になる前の心構え、ビジネスマナーなどをお伝えしています。

②職場定着支援セミナー


教育コーチングの第一人者である小山英樹氏をお招きし、入社半年~5年未満の若手社員を対象に「職業人間力育成講座」、入社5年目~10年目までの中堅社員を対象に「次世代リーダー育成講座」を年間6回実施しています。毎年高い評価を得ており、わずか一週間でキャンセル待ちとなる人気のセミナーです。

③若年者向け企業説明会

大学生向けNAGASAKIしごとみらい博


出展企業100社という県下最大規模の大学生等と地元企業の大交流会「NAGASAKIしごとみらい博」を実施しています。労働局、長崎県、経済団体等が連携し、現役大学生の意見を取り入れながら、若者の県内就職向上を目指しています。

高校1・2年生向けしごと研究ブースツアー


高校生の地元就職率向上及びキャリア教育の一環として自治体、ハローワーク、学校と連携しながら1・2年生を対象に「しごと研究ブースツアー」を実施しています。自分に合った仕事を知るためにキャリアカウンセラーによる適職診断を実施しています。

都道府県が創意工夫し自ら企画・立案した、都道府県の強み・特色を活かした事業

①地元企業の採用力強化への取組みの実施


中小企業における採用担当者の採用スキル向上の為、主に離島半島における企業の採用担当者を対象に「採用力UPセミナー」を年間3回実施しています。外部講師をお招きし、面接スキルの向上や会社説明会等におけるプレゼン手法などを分かりやすくお伝えしています。